自立して稼ぐチカラをつけよう!

大学出てから、ずーっとフリーランスで物売りだけして稼いできた男の日記ブログ

営業の王道とは?

f:id:tagawa-keiichi:20180614225637j:plain

こんにちは。

 

 

巷やネット上で、「稼ぐ」ためのノウハウ集は山ほどありますが、それを実践して成功した、稼げたという人はどれくらいいるのでしょうか。

 

1%ぐらいなんじゃないかなあと思うのです。多分。それくらい少ないということです。理由はいろいろあると思いますが、一番多いのは「やったけどできなくて、途中で諦めた」というところでしょう。

 

きっと提供されるノウハウは間違っていないでしょうし、提供した人がやってきた経験を元に書いているので、それはそれで正解なノウハウなのだと私は思います。

 

私自身も、売れないところから出発して、時間はある程度かかりましたが、売れるようになり、誰しもが目指したい月収100万円というところまで安定して稼げるようになりました。そこまでやってきた経験や私自身のノウハウは、もちろんありますが、きっとそのノウハウを伝えても、ほとんどの人が売れるようになる訳ではないと思っているから、あえて公開しようとは思いません。※もちろん、知りたい方は教えますよ。

 

ノウハウはないよりはあった方がいいですが、それ以上に大事なのは、このブログの最初の方の記事でも書きましたが、「自分の成功パターンを構築するまでやり続ける」こと、それありきです。

 

ある商材を売ろうとするときに、既に売っている方からある程度のノウハウや基礎知識、トークパターン等を学ぶことはするべきだと思いますが、それを土台にして試行錯誤しながら、経験をつみ、「自分の成功パターンを構築」していくことが一番の近道だと思います。

 

少し、関連しますが、ネットビジネスとかでノウハウやコンサルタントから指南を受けることはありますが、単なるノウハウ以上に、「取り組む姿勢や哲学的なこと」を土台として伝えてくれるコンサルの方が有益であるし、可能性が高まると思います。

 

営業で売れたり、ビジネスを構築することは、単純労働ではなく、創造性を発揮しないといけない分野だと思いますので、「単純なノウハウ」では上手くいきません。得るものや扱うものによって、市場も違ってきますし、営業マンや経営者の能力や生活環境も違うので、画一的なノウハウでは再現性は乏しいように思います。

 

ですから、「自分にあったやり方や勝ちパターンを見つけて経験を積む」事の方が、重要になります。これは、原則的なことだと私は思います。

 

前回もフリーランス営業で成功するには…、ということで、「売りやすい商材から初めて、成功体験を積み重ねる」と書きました。

 

成功体験で自信がつくからこそ、目的意識を強く持てるし、継続的な努力もできるようになることにつながっていきます。ただ、注意なのは成功体験だけでは、「目的意識を強く持つ」とか「継続的な努力」が自動的にできるわけではないですよ。「成功体験」を土台にして、次のステップとして「目標や目的の設定」を意識して行っていかないといけないということです。

 

それで、営業やってて、「目的が見つからないとか探せない」状態が続き、営業そのものが苦になるのであれば、さっさと次の仕事を探せばいいのではないかと思います。

 

あとは、やってもやってもできないと思ったら、これも今やっている事では難しいと切り上げて、次のことをやったらいいかと思います。

 

私も様々商材を変えてきたのは、こういうことの繰り返しで、今やっている商材が成功したので、続けているとという事です。

 

営業の王道は?と聞かれたら、ノウハウもある程度必要ですが、「自分なりの成功パターンを構築するまでやり続ける」ことだと答えます。

 

私としては、営業は辛いものだというイメージが多いので、このブログでは逆に「営業の楽しさ」、「営業職の可能性の高さ」を多く伝えていきたいと思っています。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

ケイジ