自立して稼ぐチカラをつけよう!

大学出てから、ずーっとフリーランスで物売りだけして稼いできた男の日記ブログ

フリーランスになるための事前準備とリスク回避

f:id:tagawa-keiichi:20180602012851j:plain

こんにちは。

 

 

二日ほど、更新できず空いてしましました…。

独立していると、月末は銀行や雑務で忙しくなりやすいです。もちろん、やっている業務によります。私の場合は、獲得した申し込み書の控えの提出や請求明細を作成したりとか、関係先への入金とかで、少し忙しくなります。

 

 

さて、前回はフリーランスになるための準備について触れましたが、リスク回避という面を更に強調してお伝えします。

 

フリーランスは「経営者」ですので、「売り上げ」と「リスク回避(リスクヘッジ)」は特に重要事項だということです。

 

「売り上げ」面ばかりだと、「リスク回避」が疎かになってしまいがちです。守ってくれる組織はありませんので、「自分で身を守る」ことがとっても!重要です。

 

以下、項目を分けてお伝えします

 

 

1.手元の資金はある程度あるか

 

 「フリーランスになるために準備しておくこと」については、他のブログでも触れていますが、大体はお金のことです。前回も書きましたが、クレジットカードを作っておくとか、ローンを組んでおくとかは必ずしておいた方がいいです。

 

あとは、「手元の資金」は多い方がいいです。これも前回書きました。最初は売り上げにならなかったり、入金までの期間が長い取引先もあったりましす。貯金は多いにこしたことはありません。

 

私は無計画で独立してしまいましたから、全くお金ない状態でスタートしました。それでも売掛け金(商品を販売した時のその代金を受け取る権利)を担保にしてお金を借りたりすることができましたので、それで生活することもできました。要するに通常の入金サイト(入金までの期間)よりも早くお金を出してもらう「先出し」というものです。

 

物販だと、こういうこともできるので、良い面だと思います。

 

とにかく、社員やアルバイトの方なら節約しながらコツコツと貯金をしておくことをおすすめしますよ。

 

 

2.健康管理は自己責任です

動けなくなったり、病気になったら事業を続けていくことができなくなるので、これは意識を高く持って過ごしてほしいと思います。

 

「健康診断」「ガン検査」、「人間ドッグ」等はやっておいた方がいいです。早期発見早期治療ができます。会社員時代みたく、定期的に健康診断ありませんので「自分で」申請して受けておいた方がいいです。

 

40歳以上だと、大体健康診断が自治体にもよりますが無料か安価で受けられます。あとは、受けることで「健康を意識」することにもなるので、無料なら受けるべきです。もちろん、30代から受けた方がいいです。それだけ意識もてます。

 

あとは、「適度な運動」です。激しい運動ではなく、歩いたり、ジョギングすることは短い時間で良いので超おすすめです。

 

食事もバランス良く取ることは言うまでもないですが、私の場合は「水をきちんと飲む」ことをしています。コーヒーやジュース、お酒好きのひとは特に意識してほしいと思います。病気はほとんどが「血液」や「血糖」に関するものです。水を飲むこと血液の流れも良くなり、血糖値も上がりにくくできます。

 

 

3.契約書の締結や個人情報の取り扱い

 

これは、独立してからの内容ですが、本当にきちんとして扱ってほしいところです。これで食えるか、死ぬか決まるくらいです。

 

契約書については、きちんと交わすようにしましょう。完全歩合制(契約数に応じて入金される)だと、意外にしっかりしていない取引先もあったりします。入金サイトについての項目やクレーム、損害を起きた場合の取り決めとか、きちんとした契約書を結ぶようにしましょう。

 

コンサルタントや業務代行などしている方は「価格表」も大事です。いいよいいよでやってしまうと、時間ばかり取られてお金にならない仕事となることもあります。この業務にはいくらとか、詳細な「価格表」を持った方が、取りっぱぐれがありません。

最後に、「個人情報の取り扱い」です。顧客情報を取得するようなビジネスをしている方は特に気をつけてください。自宅兼事務所にしている人も多いかと思いますが、書類で残している人は書庫や金庫、PCに保管している人はパスをかけることなど、当たり前ですが、きちんとしましょう。

 

私は、一度失敗しています。数百万の損害賠償もしました。数百万で済んだからまだいいですが、送り間違えはないように郵便やメールで送る際は必ずチェックして送ることを習慣化しましょう。

 

最近ではEUの個人情報取り扱いの規制が話題になっていますが、ネットビジネスをしている方は、専門家も入れてやっていった方がいいでしょう。

 

4.税金 確定申告、節税、払うべき税金

 

独立すると、自分で帳簿をつけて確定申告をしなければなりません。最近はクラウドで帳簿つけたり、月1万円で顧問会計士をつけることもできますので、良くわからない方は一度相談されるといいでしょう。

 

税金もサラリーマンの時と比べると、高いと感じます。フリーランスは法人化していない場合、「個人事業主」となります。払うべき税金は以下、4つです。

 

 ・所得税

 ・住民税

 ・個人事業税

 ・消費税

 以下を参照してみてください。 

biz-owner.net

 

国民健康保険個人事業主だと高いです。売り上げが思った以上に出た時は、きちんと相談したり調べたりして、節税等の対策をしていった方がいいです。また、税金支払い用にお金をとっておくことも必要です。

 

できる節税はし、きちんと申告し、払うべものは払う、これだけでも大分精神が安定します。特に税金のことは、頭がクラクラすることが出てきますので、税理士をつける等のお金は、ケチらない方がいいですよ。節税できれば、回収できますので。

 

 

以上が「リスク回避」のための最低限のところです。私の失敗の教訓から上記4つは本当に重要だと断言できます。

 

余分な心配事を増やさず、本業に集中できるようにするため、「リスク回避」をきちんとしていきましょう。

 

今日はここまでです。

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

ケイジ