自立して稼ぐチカラをつけよう!

大学出てから、ずーっとフリーランスで物売りだけして稼いできた男の日記ブログ

フリーランスになる前は計画的に動こう。

f:id:tagawa-keiichi:20180529234449j:plain

こんにちは。

20年以上前は「フリーランス」という言葉自体が聞かれなかった時代ですから、「開業するノウハウ」とか「フリーランスになる前の準備」とか、ネットでも数えるくらいしかなかったように記憶しています。

 

今は、ネットで検索すればフリーランスに関する記事がたくさんあるので、開業する前に準備してやれる環境があり、本当に素晴らしいと思います。

 

私の場合は、とにかく無計画に、準備なしにいきなり独立してしまったので、後で苦労することが多かったです…。苦労というと、大体「お金」にまつわることですので、特にこの辺りはきちんとクリアしておいた方がいいです。断言できます。

 

フリーランスになると、「お金が借り難くなる」これです。だから、正社員の方でしたら「クレジットカードを作っておくこと」や「限度額を上げておくこと」、また「住宅ローンを組んでおくこと」は、出来る限りやっておいた方がいいです。

 

あとは、「確定申告に関すること、税金に関すること、保険に関すること」も事前に勉強して、ある程度理解して開業したら困ることはありません。

 

様々な項目を上げているブロガーの方もいますが、私は上の二つをやっておけば、安心ではないかと思います。

 

 ①組めるローンは組んでおく、クレジットカード作っておく

 ②確定申告のこと、納める税金について、節税について、健康保険について知ってお

  く

 

これだけ、最低限できれば、GOでいいかと思います。

 

私の場合は、取引先との信頼関係もあり、取引先の会社に在籍している体で、クレジットカードの申し込みをしました。なので、持つことができました。

 

あとは、手元の資金ですね。ないよりかはあった方がいいのは当たり前です。売り上げ出なければ、お金は入ってこないのがフリーランスですから、数ヶ月は売り上げないこともあります。だから、貯金はある程度持って開業がいいです。

 

私は、何一つ準備せずにいきなりなってしまいましたから、サバイバルでした 笑

 

学生時代に、販売をやってある程度お金をもってしまったのもあり、変な自信がついてしまったのか、「なんとかなる!大丈夫!」でいってしまいました。

 

まあ、それはそれで必死にやるしかなかったので結果的に、仕事が上達して売り上げをあげることができました。

 

あと、私はフリーランスの方が特に重要視して欲しいのは取引先との契約です。「契約書」をきちんとして、報酬額や入金サイト(お金が入ってくるまでの日数、条件)を明記したものを交わすことです。

 

サラリーマンのように、毎月◯日に給料が入金ではありませんので、入金条件や入金サイトはきちんとして、それがなされない場合の内容等もあった方がいいです。時々、取りっぱぐれる人がいますが、「契約書」を曖昧にしていることが多いです。

 

ビジネスは契約ありきですので、文字で判断できるようにしておくことが必要です。いいよ、いいよと入っている人はダメです。死にますよ。

 

フリーランスは「経営者」ですから、良く経営しないといけないです。良く経営とは、売り上げをあげることもそうですが、「リスクを減らす、リスクヘッジ」が大事になります。

 

次回はこの辺りについて触れていきたいと思います。

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

ケイジ