自立して稼ぐチカラをつけよう!

大学出てから、ずーっとフリーランスで物売りだけして稼いできた男の日記ブログ

フリーランスは様々、収入も様々。

f:id:tagawa-keiichi:20180521231410j:plain


こんにちは。

 

今年でフリーランス歴20年ですが、この期間、関わった同業の人や取引先で出会った、別のフリーランスの方々含め、いろんなドラマや生き死に(怖い表現ですが)がありました。

 

トントン拍子で上手くいく人、食うことすらできずに借金を重ねた人、時間をかけてコツコツやって成果を出した人、ある日突然姿を消したと思ったら、投資で当たって億万長者になっていた人…。笑

 

私も安定したのは、7年前くらいからでしたので、12、3年くらいは、ジェットコースターのような生活だったように思います。結婚も一度失敗し、今の奥さんが再婚で、子供も一人います。今は奥さんと子供一人をきちんと養える収入もあります。お小遣いもそれなりに持って、奥さんにももたせて、年に数回は旅行に行けるようにもなりました。

 

会社勤めとかをしたことがないので、これが普通だと思ってはいましたが、同じ世代のサラリーマンと話をたまにすると、いかに私の人生がドラマティックかわかります。

 

「自由な時間」と「自由なお金を持つ」ことが私の目的だったので、そのために頑張ってきたわけです。まだまだ、自分の到達したいところまではいっていませんが、一度仕切り直して、これから「よし、頑張るぞ!」と気合を入れ直しているところです。

 

 

さて、「フリーランス」と言っても、いろんな形態がありますので、少し紹介をしたいと思います。今からあげる区分は自分の主観も入っていますので、参考程度に聞いてください。

 

フリーランスは基本的に「業務請負」ですので、キャリアなり、取引先の業務を代行してやることが多いです。大きく分けて3つあると思っています。


 ①完全歩合制の代理店ビジネス型

  契約1件につき、インセンティブが決まっているものです。保険代理店や通信回線の販売代理店、水の販売代理店などです。

 

 ②業務請負

  コピーライターやフリーランスのエンジニア、設計士、コンサルタント、電気工事、修理工、リフォーム、土木工事請負など

 

 ③士業ビジネス型

  弁護士、司法書士、社労士、行政書士などの国家資格を持って開業する

 

私の場合は、①の代理店ビジネスになります。とにかく売って売って売りまくる完全歩合の販売です。あとは②も少し兼ねています。コンサルタント的なこともしています。

 

コピーライターでも売り上げに応じて、報酬が決まるものもありますので、①の歩合の要素も当然あります。ですので、①と②を兼ねたり、士業の方でも成果報酬を受け取る人もいます。また、コンサルタントとなると、自分の経験や知識を運用して、セミナーをやったり、書籍を出したり、ノウハウ集を情報商材としてネット販売する人もいますので、この部類に入らず、「自分からビジネスを展開」するようになります。

 

収入面で安定したい方は、スキルをある程度高めて、業務を請け負って安定した取引をすることから初めてみたらいいかと思います。

 

ある程度、安定してきたら、蓄積したノウハウ、経験を「運用」して、コンサルタントとしてやって行く道もあります。このように「業務請負」からノウハウ、経験を「運用」して「新たなビジネスを仕掛ける」ことに成功すれば、かなりの収入を得ることもできます。

 

フリーランスで目指すところは、様々だと思いますが、おそらく「自分からビジネスを仕掛けていく」ところはきっとフリーランスならたどり着きたいところだと思います。

 

また、「ビジネスアイデア」があれば、最初からビジネスの仕掛けができます。まあ、こういう人は資金調達して法人をつくっていくと思うので、フリーランスとは違ってきますかね。

 

とまあ、大体こんな感じです。

 

営業力をつけて稼ぎたい人は①の代理店型がおすすめです。

物売りなので、お金になりやすいです。また、まとまったお金を稼ぐにも向いています。100万円以上稼ぎたい人は物売りをやった方がいいかと思います。

 

スキルを持って、安定して稼ぎたい方は②や③だと思います。

 

フリーランスでやっていきたいと考えている方は自分にあったものを見つけて、まずはやってみる、動いてみるところから初めてもらえたらと思います。

 

今日はここまでです。

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

ケイジ