自立して稼ぐチカラをつけよう!

大学出てから、ずーっとフリーランスで物売りだけして稼いできた男の日記ブログ

業務をルーティン化することは必須

f:id:tagawa-keiichi:20180523163140p:plain

こんにちは、川田です。

 

 今日は「ルーティン化すること」の重要性を書いてみたいと思います。

 

ルーティン化とは、「決まりきった手続き、業務、日課」のことです。

 

プロのスポーツ選手や経営者はこの「ルーティン化」することで、常に高いパフォーマンスや業務の効率化、売り上げ維持をなしています。

 

 

では、ルーティンにはいったいどんな意味があるのでしょうか?

 

毎日同じ時間帯に、同じ場所で、同じことをやり続けるのは、なかなかできるものではないですよね。これは、まさに習慣化の問題です。

 

習慣化された作業を体に強く刻み込んむことで、身体脳の記憶が強固になるといわれています。プロのアスリート、スポーツ選手はルーティン化することで、そのときの精神状態に関係なく、一定のパフォーマンスを発揮する身体脳となっているようです。

 

経営者はビジネスをしている方でしたら、ルーティン化によって感情を挟む余地なく、効率化を図ることができます。

 

 

私自身も、物売りで個人宅に訪問して契約を頂く仕事をしていますが、訪問リストの作成や地図、ルート作成はまさに「ルーティン化」して、ほぼどんな精神状態のときでも、きちんとやることができます。

 

営業の仕事ですので、最高のパフォーマンスでトークできるように、それまでの準備や業務をルーティン化しているわけです。

 

ルーティン化することで、売り上げを維持しています。

 

私の場合は、お客様に対して安定したパフォーマンスを保つために、不安なことをすべて消す形で、ルーティンを組んでいます。これについては、別記事でお伝えします。

 

ただ、ルーティンは決して楽しいものではないです。いつも決まりきった仕事をこなすので、飽きてしまいます。これがルーティンのデメリットと言えるでしょう。

 

フリーランスの場合は、ルーティンのメリットは「安定した売り上げ」でしょう!私はルーティン化に成功して、短時間で売り上げを作ることができるようになりました。8時間以上かかっていたのが、今は4時間、3時間の営業活動で以前と同じ売り上げを出せるようになりました。

 

そして、時間も作れました。

 

 

最後に、「ルーティン化すること」の本質をついた文章を引用します。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 ルーティンを支えているのはイメージなのだ。こんな感じでというイメージで何事も始まる。イメージを思い浮かべながら、あるいは手引き書を見て戸惑いながら現実が具現化していく。そして、次第に慣れてきて先行するイメージとそれに続く現実がほぼ同時に行われるようになる。同時性が重ね合わされば合わさるほどそれは高次元のルーティンとなり匠の技になりうるのだろう。

出典BAU TIMES ルーティーンを作れ

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

ルーティンは「再現」するための、ものだと言えます。引用文に「同時性」とありますが、「再現」することと言い換えられます。

 

漫画『はじめの一歩』の中で、鴨川会長が「積み上げたものが、拳に宿る」というフレーズがありますが、まさにルーティンワークの凄さを語っていると言えます。

 

フリーランスは売り上げなければ、死んでしまうので、ルーティン化することは必須事項です。

 

フリーランスなり立ての人は、売り上げに結びつくことをルーティン化して、売り上げ維持をしていってほしいと思います。

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

 

ケイジ